肌トラブルの防止メモ

敏感な肌である場合には乾燥肌であることもよくあ

敏感な肌である場合には乾燥肌であることもよくあることから敏感な肌と乾燥肌は要因が同じである可能性があるといえます。

一度乾燥肌になると、少しだけの刺激をうけても過敏な反応を起こし、肌が炎症を起こしたりといった肌トラブルが発生してしまいます。

肌表面の角質層が薄くなっ立ために、外部からの刺激をうけやすくなっていることが理由です。近頃、お肌がくすんできてるなぁと思った方は洗顔方法によって改善出来るかも知れません。
透明感のなさの原因は「角栓」。毛穴にたまっていませんか?肌の生まれ変わりを妨げるような生活をしていると、毛穴に古い角質でふたをして、せっかくの化粧水がお肌に上手く入っていかないなんて状態になってしまいます。
普段の洗顔のポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)としてあげられるのは、ぬるま湯を使い、保湿洗顔料で、しっかり泡たてて洗うことです。ピーリング石鹸も週一回ほど取り入れると効果倍増です。
敏感な肌の場合は、荒れやすい肌だと一括りにする事には無理がありますが、お肌に負荷が掛からず、しかも肌のタイプに合った化粧品で、ちゃんとスキンケアをつづける事が大事です。
四季や肌年齢によって、肌の状態にちがいが表れるのも、敏感な肌の辛いところです。


使う時のお肌の状態に合わせて、丁寧にお手入れをするようにしてください。



スキンケア中にふと鏡を見てちょっとした発見がありました。肌が柔らかく、じゅうふん保湿が行き届いているとしわはできにくのかも、ということなのですが、いかがでしょうか。


ほうれい線とか目尻の笑いじわなどがこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていた訳ですが、少し前から炭酸パックをはじめてみて、何となくですが、肌の柔らかさを感じられるようになったあたりからしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。炭酸パックのおかげだとしたら、嬉しいですね。

私のニキビに対する対応策は、どんなに眠くてもメイクは必ず落として眠ることです。メーキャップすることにより、お肌にはきわめて大きなダメージがあると思うので、お肌に休息を与えたいのです。



化粧落としにも気を使っています。オイル系や拭き取るシートタイプなどさまざま試してきましたが、ミルクベースのメイク落としがお肌への作用がマイルドだと思いました。

疲労に年齢を感じることはあったのですが、最近は肌に年齢を感じるようになってきました。


長く下を向いていたあとに目の周りや口の周りにできるシワがあり、老けてみえるので、結構気になります。
スキンケアが足りない訳ではないのです。


昔からきちんとしているので、こういうことになるとは思いませんでした。特に冬には白く粉を吹くほど乾燥するところなので、クリームとジェルの合わせテクニックで水と脂を補充するスペシャルケアを欠かさないようにしています。


これでも万全でなかったとは。
基本的に朝は時間に余裕がないので、お肌の手入れの時間が十分ない人も多数ではないかと考えられえます。朝の一分は、結構貴重でしょう。
しかし、朝の肌ケアを手を抜いてしまうと、げんきな肌で一日を維持することができません。



楽しい一日を過ごすためにも、スキンケアは、朝きちんとおこないましょう。

ビタミンCは美白作用があると言うことで、レモンを直接顔に貼り付け、レモン果汁とオイルでパックする方法が流行になりましたが、すぐ下火になったように、美白効果はないのです。決して行ってはいけません。
レモン果皮の成分は、肌につけて紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)の刺激をうけると、シミの原因になってしまうのです。シミに有効な作用をレモンのビタミンCで期待するなら、食べるか、飲んだ方がよいでしょう。



年齢を重ねるごとにお肌がたるんできたなと感じるものです。そう思ったら、保湿を意識したお手入れをしっかりおこない、クリームなどを塗ってセルフケアをして、少しでもたるみがなくなるようにがんばりましょう。
それだけで、全くちがいますので、少し面倒でも実行されてみることを是非お薦めします。

ニキビにいいという飲み物は、まだ知りません。


しかし、分かっていることは、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌を刺激して肌トラブルに繋がるので、辞めた方が安心です。実際、ニキビと肌荒れはちがうものですが、肌に良くない事をすると、ニキビの原因にもなりかねないのです。
Copyright (C) 2014 肌トラブルの防止メモ All Rights Reserved.